忍者ブログ
倉敷カフェ【T'sCLOVER】ティーズクローバーおもしろ事件簿とは私の最近はまっている動画や画像、情報を面白おかしく書き綴っていきます。
[110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100]

スポンサードサイト


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
T'sCLOVERカフェが一から作るオリジナル結婚アルバム
T'sCLOVERオーナー
HN:
tomo
性別:
男性
職業:
オーナー
趣味:
不動産投資
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☆【映画】たいようのうた-YUI、塚本高史主演を見ました。





主役のYUIこと雨音薫が

すっごくかわいいんです。

(=^_^=) ヘヘヘ





ものすごく個性的な

しゃべり方で





弾き語りの「Good-bye days (『タイヨウのうた』主題歌)」

歌がすごく映画にマッチしていて



歌がうまい!







タイヨウのうた Good-Bye-Days yui YUI 雨音 薫









最後はせつな過ぎて

目頭が熱くなります。





嫁様は自分の娘とリンクして

大泣きしてました・・。

(;^_^ A







簡単にだけ

ストーリーを書いておきますね。





+ + + + + + + + + +
タイヨウのうた



2006年6月17日全国ロードショー



上映時間: 119分



監督: 小泉徳宏



製作総指揮: 迫本淳一



脚本/原作: 坂東賢治



音楽: YUI 、椎名KAY太





出演:



YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗



通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、小林隆、マギー、山崎一







ストーリー:



「夜だけ会おうよ。太陽が沈んだら会いに行くよ」



雨音薫(YUI)は16才。学校に行かず、夜になると駅前の広場で歌い続ける毎日。彼女は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えていた。昼と夜の逆転した孤独な毎日。彼女は歌うことでしか生きていることを実感出来ないのだ。そんな彼女が眠りにつく明け方からサーフィンに向かう孝治(塚本高史)を部屋の窓から眺めることだった。太陽の下では決して出会う事のない二人だったが、運命は二人を引き寄せる。



初めてのキス、初めての恋。普通の幸せを夢見るようになる薫だが、自分の残された時間が少なくなっていることを知る。“歌うことは生きている証” 。彼女の歌に揺さぶられた孝治は、彼女にある約束をする。







「歌うことは生きている証、心に残る名曲の誕生」



太陽の光にあたると命に危険がおよぶ病をかかえる少女が、ある少年との出会いによって自らの命を輝かせていく純愛物語。監督は本作の制作プロダクションであるROBOTが抜てきした新人の小泉徳宏。ヒロインにシンガーソングライターのYUIがふんし、映画初主演ながらも、歌うために生まれてきたような等身大の少女を熱演する。相手役は『木更津キャッツアイ』などで注目されている若手俳優の塚本高史。夢を持つことの大切さや、命の輝やきのすばらしさを教えてくれるをストーリー展開と、物語と同時進行で作曲される劇中歌に胸が熱くなる。



〈LIVE〉 この気持ち、歌にしたい



〈LIFE〉 まっすぐに、生きたい



〈LOVE〉 この歌を、君に届けたい
PR
この記事にコメントする
name
title
color
URL
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © 倉敷カフェ【T'sCLOVER】ティーズクローバーおもしろ事件簿 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]